「maroと愉快な仲間たち展」

期間: 11月18日~23日
場所: ギャルリー・ジュイエ

 

このイベントは106人のアーティストの作品の展示即売でした。
その収益は全て現在ガンの治療中(当時)の
イラストレーターのmaroさんの治療費となりました。
(maroさんは、残念ながら2011年3月に他界されました…。)

ワークショップこのイベントでは作品の出品だけではなく、会場でのワークショップも
させていただきました。

ワークショップでインストラクターをした経験は何度かありますが、
今までは一日教室という感じで生徒さんに教えるというもの。
今回はその場で作ってお客様に差し上げるという形。

とりあえず何個か
くるみぼたんとレースを用意。
シュシュは昨年の
イベント用に制作した
ものの残りです。


シュシュに縫い付けるか後ろにブローチピンを付けるか
をお客様にその場で選んでいただきました。

当初はその場で刺繍をしてその記事をくるみぼたんにする
計画でしたが、時間がかかるのでそれはやめることに。

当日は会場では用意していたヴィンテージコットンをお客様に選んでいただいてくるみぼたんを作り、
それを使ってレースのフラワーを作りました。

この子たちは私が作っている間じ~っと見守ってくれたちびっこの姉弟。

おかあさまがシュシュをお家で 作ったということで興味津々らしい…。
おねえちゃんが白いレースのシュシュをご注文。じっと見ていた弟くんも
欲しくなったみたいで、お気に入りの黄緑色の シュシュに、
黒いレースフラワーに発色のいい緑色のくるみぼたんでご注文を
いただきました。男の子でもブレスレットにしてもなかなか可愛い♪

他のお客様にもあれこれ、ブローチやシュシュをご注文いただきましたが、
私が作るのに精一杯で写真はないのです…。

開始してから間もなくサプライズが!!maroさんが
お嬢さんのゆくりちゃんとご主人の、3人で来てくれたのです!!
maroさん、とっても顔色 がいいしお元気でした!!
病気だってことが信じられないぐらい。
私も少しだけおしゃべりをしたのだけど、一年前に一緒のスペースでのワークショップをした時と
全然変わらないmaroさんでした。「ものすごく会場が賑わって大盛り上がりですね!!」って言ったら、
私の個展でもこんなに人が来ないですよ~」 とおっしゃってました。

いえいえ、みんなmaroさんのために集まった人たち。それに作品群。maroさんの人徳です!!

こちらは今回のために
家で準備をして来た
シュシュとくるみボタン

レースでこんな風に
お花を作り、
くるみボタンと共に
シュシュにセットします。

こちらがこのイベントで出品した
バッグとポーチです。
あとは革パーツをつけたシュシュも。

今回直前に大丸神戸店でのイベントが
あったので、残念ながら新作を
制作することは出来ませんでした。

チャリティイベントに参加するのは
この時が初めてでしたが、人と人の善意の結びつきで必要な資金を
集めるというもの。ワークショップも作品も、私個人的に
課題がいっぱい残りましたがとても有意義なイベントでした。
 




HOME