「10pieces exhibition ~FRUITY~」

期間: 7月10日~23日
場所: 久米繊維工業株式会社1Fプレスルーム

 
このイベントでは、私が所属している版画の会「Rin」のメンバーそれぞれが
版画、手描き、プリントとそれぞれに趣向を凝らしたTシャツを制作しました。
合計で10枚のアートTシャツと、メンバーの小作品が会場に並びました。

会場このイベントでは、主催をして下さった久米繊維さん
Tシャツを使ってメンバーがそれぞれ個性的なTシャツを
制作しました。

私は、以前に久米繊維さんからいただいた生産工程で出る
Tシャツの生地の端切れに銅版画インクで刷り、
久米繊維さんの非常に着心地の良いオーガニックコットン
というTシャツに縫い付けました。会場



会場はこんな感じでした。

Rinの5人のメンバーがそれぞれ趣向をこらしたTシャツを
制作しました。刺繍、アップリケ、版画、プリンとなどなど。
個性的な10枚のTシャツと版画作品、タブローが会場に
並びました。

会場こちらは私の版画作品の「ドラゴンフルーツ」です。雁皮紙に刷りました。 会場こちらは「ぶどう」。同じく雁皮紙に刷りました。

TシャツTシャツ
私はこのTシャツ制作の直前に、
13年間一緒に暮らした猫が
他界してしまい、
猫以外の絵を描くことは
全く考えら
れませんでした。
この作品「ぶどう」は、
その猫の面影の残る作品となりました。

TシャツTシャツ
こちらの猫の作品
「ドラゴンフルーツ」は
生命感溢れる子猫。
不思議なことにこの作品を
制作した直後に、
ご縁があって
こんな風に元気な子猫が
うちに来ることになりました。






HOME